敷金

敷金とは

敷金とは、賃借人(借主・借り手)の賃貸借契約における債務の担保のために賃貸人(貸主・貸し手)に渡される金銭のことをいいます。

賃貸借契約における債務には、賃料債務だけでなく、義務違反や損傷・破損による損害賠償義務も含まれます。

つまり、賃貸人は、賃借人が賃料(家賃)を滞納していたり、賃貸人に損害を与えていたりした場合に、敷金から、その賃料や損害金を差し引くことができます。

敷金には、特約のない限り利息は付きません(詳しくは、敷金に利息は付くのかで説明しています)。

参考文献

西田穣(2013)『借地・借家の知識とQ&A』法学書院

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク