建築基準法

建築基準法とは

建築基準法(けんちくきじゅんほう)とは、建築物が国民の生活にもたらす危険(倒壊や火災など)や害悪(日照問題など)を防止するため、建築物についての最低基準を定めた法律です。

建築基準法の目的

建築基準法は、建築物の敷地、構造、設備および用途に関する最低の基準を定めて、国民の生命、健康および財産の保護を図り、もって公共の福祉の増進に資することを目的としています(建築基準法1条)。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク