大規模の修繕

大規模の修繕とは

大規模の修繕(だいきぼのしゅうぜん)とは、建築物の主要構造部(壁、柱、床、はり、屋根または階段)の1種以上について、過半(2分の1超)にわたり修繕を行うことをいいます(建築基準法2条14号参照)。

修繕とは

修繕(しゅうぜん)とは、経年劣化した建築物の部分を、既存のものと概ね同じ位置に概ね同じ材料、形状、寸法のものを用いて原状回復を図ることをいいます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク