導体・半導体・絶縁体

「導体」「半導体」「絶縁体」の違い

物質は、電気(電流)の通しやすさ(流れやすさ)によって、「導体」「半導体」「絶縁体」の3つに区分される。

電気を通す物質が「導体」、電気を通さない物質が「絶縁体」、「導体」と「絶縁体」の中間の性質を備えた物質が「半導体」である。

物質を、電流を流しやすい順に並べると、「導体」「半導体」「絶縁体」となる。

物質を、抵抗率の高い順に並べると、「絶縁体」「半導体」「導体」となる(電流を流しやすい順と逆である)。

導体

導体は、「電気伝導体」や「良導体」とも呼ばれる。

半導体

絶縁体

絶縁体は、「不導体」とも呼ばれる。

参考ページ

電気伝導体 – Wikipedia

半導体 – Wikipedia

絶縁体 – Wikipedia

1. 半導体の性質 :半導体の部屋:日立ハイテク

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク