管工事業に必要な知識

環境工学

管工事業に必要な環境工学の知識をまとめています。 1級・2級管工事施工管理技士試験対策にもご活用いただけます。 日較差 「日較差」の読み方 「にちかくさ」または「にちこうさ」と読みます。 日較差とは(日較差の意義) ...
電気法規

電気用品安全法

電気用品安全法の目的 電気用品安全法の目的は、電気用品安全法1条に定められている。 (目的) 第一条 この法律は、電気用品の製造、販売等を規制するとともに、電気用品の安全性の確保につき民間事業者の自主的な活動を促進することにより、電気...
電気法規

電気事業法

電気事業法の目的(電気事業法1条) 電気事業法の目的は、電気事業法1条に定められている。 (目的) 第一条 この法律は、電気事業の運営を適正かつ合理的ならしめることによつて、電気の使用者の利益を保護し、及び電気事業の健全な発達を図ると...
電力

変電所

変電所 変電所とは、発電所や他の変電所から送電された電気の電圧や周波数を変換する施設である。 変電所の種類 用途による分類 送電用変電所 配電用変電所 周波数変電所 形式による分類 形態による分類 ...
電子理論

導体・半導体・絶縁体

「導体」「半導体」「絶縁体」の違い 物質は、電気(電流)の通しやすさ(流れやすさ)によって、「導体」「半導体」「絶縁体」の3つに区分される。 電気を通す物質が「導体」、電気を通さない物質が「絶縁体」、「導体」と「絶縁体」の中間の性質...
電気理論

抵抗

電気における「抵抗」の意味 電気における「抵抗」には、2つの意味がある。 電流の流れにくさ、つまり「電気抵抗」のこと。 電流を妨げるもの(部品)、つまり「抵抗器」のこと。 参考ページ 抵抗 - Wikipedi...
電気理論

電流

電流 電流とは、簡単にいえば、電気の流れである。電流は、電荷を帯びた粒子(電子やイオン)の移動により、発生する。 ここでは、負電荷を帯びた粒子である電子の移動を考える。 乾電池のプラス極とマイナス極を電線でつないだ場合、電流は...
電気理論

電荷

電荷 電荷(でんか)とは、物質が帯びている電気である。 電荷量のことを単に「電荷」と呼んだり、電荷を持つ粒子のことを電荷と呼んだりすることもある。 電荷量 電荷の量を、電荷量や電気量という。 電荷量の単位はクーロンであり、単位...
電気

機器の図記号

電動機 電動機とは 電動機とは、電気エネルギーを力学的エネルギーに変換する電気機器です。「モーター」や 「電気モーター」と呼ばれます。 電動機の図記号 コンデンサ コンデンサとは コンデンサとは、電気(...
電力

電力総論

発電の種類 発電機による発電 発電機は電磁誘導によって運動エネルギーを電力に変換する装置である。具体的にはコイルに対して磁石を回転させることで電気を発生させる。動力を何から得るかによって以下のように様々な種類がある。 火力発電...
タイトルとURLをコピーしました